読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。毎週木曜日or金曜日更新

3月10日

今日で彼氏さんとつきあって8ヶ月が経った

もう8ヶ月かぁ……時間が経つのは早いなぁと感じる

 

Unityでゲームを作ってみる

Unityの勉強は学校に入学する前から少しずつやっていたけど、ほんとに少しずつやっていた。本を読みながら少しずつ使い方の勉強をしていたから、なんとなく使い方はわかる。けど、これで自作ゲームが作れるかと言われたら、できないだろうと思った

でも、いい加減本を読みながら勉強しているのも退屈になってきたので、わからないならわからないなりに自分でゲームを作ってみようと思った

作るゲームは、1年前期のときに作ったブロックくずし。それをUnityで再現しようということにした。それなら1回作ったことあるゲームだからどんな処理が必要なのかわかるし、素材もそろっている。1から作るにはぴったりだろうと思った

f:id:clover_0907:20170310210409p:plain

昨日から作り始め、見た目的にはここまでできた。ブロックを崩すところまでできたから、後は独自要素である宝箱と扉をつければ完成。あ、タイトル画面も必要か

 

Unityでゲームを作るときに思ったことは以下の通り

 

〇オブジェクトの位置調整が直観的・視覚的にできるのがいい

cocosとかそうだけど、コードだけでゲームを作っていると、位置を調整するのが視覚的にできない。少しずつ位置を調整して確認するために時間がかかる

Unityだとオブジェクトを配置したら直観的に位置を調整できるので、とても楽だと感じた

〇座標が今まで親しんできた数値と違うことに戸惑う

このブロックくずしのブロックは幅と高さが32pixel。ブロックを横に並べて表示させようと思ったときに、普通に考えればX座標を32pixelずらして表示すればいいだろうとなる。で、実際にそのままUnityでそれをやってみるとそれがうまくできない。何が原因かというと、32だと数値が大きすぎるということ。transformの数値を見ればわかるけど、Unityの座標の数値は小さい。だから、Unity用(?)に画像の幅を取得して、その分ずらしたら並んで表示できた

 

今のところはこんなところ。C#でコード書くのも、C++の時とほとんど変わらずできているから、特に問題なし。でもC#だとクラスが参照型になるってことは勝手にポインタになってるってこと?ていまいちよくわかってないところも多々あったり……

昨日今日で自力でUnityを使っていると、本で勉強しているときよりも使い方が覚えられるような気がする。やっぱり勉強は必要だと思ったときに勉強するのがいいなと思った

3月2日

3月に突入。日本ゲーム大賞マチュア部門のテーマも発表され、早速どんなゲームにしようか企画を考える今日この頃。でもやっぱ企画を考えるのは苦手だな……

 

自転車イベントへ行ってきた

先週の日曜日、ポートメッセなごやで開催されたイベントへ彼氏さんと行ってきた

f:id:clover_0907:20170302231852j:plain

メインは車のイベントだったみたいだけど、自分たちが行ったのは同時開催の「名古屋サイクルトレンド2017」のほう。自転車のイベントだった

もともと彼氏さんが自転車が好きで、一緒に行ってみようということで行ってきた

自転車のイベントは初めてだったので、どんな感じなのかなぁとワクワクした

最初に自転車を試乗できるようにするために受付を済ませて、初心者用スクールなるものがあったので、それを受けた

自転車といってもロードバイクに乗るのは初めてで、乗り方から操作方法まで普段乗ってるママチャリと違って、それが新鮮だった

それからは彼氏さんと交代しながら、気になる自転車を試乗した

f:id:clover_0907:20170302232904j:plain

f:id:clover_0907:20170302232925j:plain
(撮影:彼氏さん)

「自転車なんてどれも一緒でしょ」と思っていたけど、試乗してみたら全然違うことがわかった。個人的には上のロードバイクが1番乗りやすくてよかった

にしても自転車を試乗するときに身長を尋ねられるけど、自分は身体が胴長短足なので、身長に合うサイズよりもひとつ小さいサイズの自転車がぴったりということがわかった。軽くショック……(笑)

 

初めてロードバイクに乗って、軽さと爽快感が気持ちよくて、ロードバイクがすごく欲しくなった

てなわけで、今月からロードバイク貯金を始めることにした

早くロードバイクゲットして、色んなところを走りたいなぁ~と夢が膨らむ今日この頃……

その前にどのロードバイク買うか決めなきゃ(笑)

2月23日

気づけば2月も終わりのほうに近づいている

早いなぁ……

 

だらだらな現状を打破するには?

春休みに入ってから、モチベーション低下がさらに加速し、バイトに行く以外はだらだらな日々を過ごしている

なんでこんなにもモチベーションが低いというか、やる気がでないんだろうと思う

ふと思ったのは、今の自分には「明確な目標がない」と思う。勉強に関しては

過去に基本情報の資格を取るために勉強していた時は、モチベーションが高いのを維持していて、毎日時間があれば過去問題集を読んで勉強していた。その時の自分は「基本情報の資格を取るぞ!」という明確な目標があったから、やる気もあったし、モチベーションも維持していたんだろうなと思う

今の自分には「やりたいこと」「やらなきゃいけないこと」「やったほうがいいこと」などたくさんあるけれど、どれもぼんやりとしていて明確な目標がない。故にやる気もないのかな、と自分で思った

というわけで、明確な目標を立てようと思う

ただ、今回立てる目標は大きいものじゃなくて、小さい目標にしようと思う。達成しないとモチベーションが高いのを維持できないから

 

・「Unity5 3D/2Dゲーム開発実践入門 作りながら覚えるスマートフォンゲーム開発」を2月中にやりきる

やる気がないながら、Unityの勉強は少しずつやっている。現在丁度半分くらいまで進んだので、残り6日でこの本をやりきる

 

・「Mr. Evine の中学英文法了するドリル (Mr. Evine シリーズ)」を3月上旬中にやりきる

ちゃんとやっていれば1ヶ月で終わる書き込み式の本だが、自分はちゃんとやれずに早2ヶ月が経っている(笑)でも、なんだかんだやっている。ちゃんとやればあと12日で終わるけど、たぶんちゃんとやれないので、せめて3月上旬までに終わらせようと思う

 

・どの資格を取得するか決める、決めたら次の試験日まで勉強して資格を取る

個人的に取得したいと思っている資格は「応用情報技術者試験」「語彙力検定」「英語系の資格(英検、TOEICなど)」の3つ。どれか1つ、取得したい資格を決めて勉強する。個人的には応用技術が1番有利かなぁ……

 

以上

これらの目標を達成できるように、毎日頑張ろう

2月17日

春休みに突入してから、モチベーション低いままだらだら生活が続いている……

うーん……何か目標を立てようかな

 

とりさんペーパーフィルター

f:id:clover_0907:20170217110654j:plain

先日、ネットで見つけてかわいさのあまりポチリとしてしまった商品。HARIOの「ラブドリペーパー」という商品

普通のペーパーフィルターはドリッパーごとに形は異なるけど、大体無難な感じ。だけど、これはなんとペーパーの形がとりさん!

早速、今日とりさんペーパーで淹れてみた。大きさが02タイプ(1~4杯用)しかなかったためか、普段2杯分しか作らない自分では大きかった……。01タイプ(1~2杯分)もあったら嬉しかったなぁと思う

見た目はとてもかわゆいけど、いざ淹れてみると、とりさんの形が思った以上に大きくて、淹れづらかった……orz

でもかわゆいからそんなものか、と思った(笑)

 

ここでひとつ、「ペーパーフィルターってなに?」な人にペーパーフィルターの話を

ペーパーフィルターは様々な種類があって、使用するドリッパーによってペーパーフィルターも変わる

ほんとはメーカーごとに合わせる必要があると思うけど、たぶん形があっていれば問題なく使えると思う。自分は例え形が同じでも、メーカーごとに合わせているけど……(笑)

ドリッパーの形は大体が台形型と円錐型の2つに分けられる。例外もあり

 

〇台形型

f:id:clover_0907:20170217112302j:plain       f:id:clover_0907:20170217112957j:plain

円錐型よりもよく見かける形。その名の通り台形型

メジャーなメーカーはKalita、Melitta。画像はMelittaのドリッパーとフィルター

 

〇円錐型

f:id:clover_0907:20170217114316j:plain    f:id:clover_0907:20170217114320j:plain

こちらもその名の通り円錐型

メジャーなメーカーはHARIOとKONO(だと思う)。画像はKONO。自分が愛用しているドリッパー。さっき出てきたとりさんドリッパーはHARIOのもの

台形型に比べると円錐型のフィルターはあまり見かけない

 

〇例外

f:id:clover_0907:20170217115628j:plain f:id:clover_0907:20170217115307j:plain

これはKalitaのウェーブフィルターと専用のドリッパー。ドリッパーは一見すると円錐型とあまり変わらないけど、フィルターのほうがウェーブ型。淹れるとどんな感じになるんだろうと個人的にすごく気になる商品のひとつ

 

色々紹介してきたけど、「結局、台形型と円錐型で形以外に何が違うの?」と思った人もいるかもしれない

個人的には、台形型だからとか円錐型だからではなくて、ドリッパーごとに違いがあると思っている。同じ円錐型のHARIOとKONOでも淹れ方が全く違うし、できるコーヒーの味わいも全く違う。しかもハンドドリップだと、人が淹れるから毎回同じように淹れることはできない。だから、上手に淹れることができたときはとても嬉しい。それがコーヒーを淹れる楽しさだと思う

 ……なんか話がそれてしまった(笑)

2月9日

今週の月曜日で1年生の授業が全て終わった

なので、火曜日から実質春休みなわけだけど……なんだかモチベーションがなくてだらける日々が続いてる。よくないな……

 

最近読んだ本の感想・3冊分

今年に入ってから先日まで読んでいた本3冊の感想を書いていく

 

「大人の気づかい」ができるようになるための具体的な話し方が書いてある本

書いてあることが納得できたり共感できることが多くて、すぐに実践したくなるようなことがたくさんあった。上手に会話をしたい人は読むべきだと思う

でも、「大人の気づかい」ができる話し方はバランスがすごく難しい。本にも「工夫もせずに言いたいことを言うのでは『大人げない』、逆に反発を恐れて言わないのでは『頼りない』人」と書いてある。その間がすごく難しいと感じる

自分のまわりで人付き合いが上手だなと思う人は、この本に書いてある気づかいがさりげなくできていることが多かった。自分も気づかいができるように、1つずつ実践していこう

 

夜行

夜行

 

「夜行」という連作絵画(?)にまつわるミステリーもの……?うまく説明ができない(笑)

主人公のまわりの人たちが経験した怪奇現象には、必ず「夜行」という連作が関わっていて、まわりの人たちが1人ずつそれぞれ経験した怪奇現象を話していくという流れ

本屋大賞にノミネートされていたので、気になったので読んでみた

個人的感想としては、自分はこの小説を「ミステリー・ファンタジー」として読んでなかったので、いまいち話が全体的に理解できなかった。あちこちに現実ではありえない現象が出てくるので「え?」と思いながら読んでいたけど、ファンタジーとわかれば納得できることもあった。でもしっくりはきてないので、もう1度読み返したいと思った

 

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

アドラー心理学について、青年と哲人の対話形式で書かれている本

今ドラマもやっているみたいだけど、そっちは見てない

自分は「人に嫌われたくない」と常に思っているから、この本にはどんなことが書いてあるんだろうと思って読んだ

読んだ感想としては、自分の考えが一変するような内容がたくさんあって、すごい衝撃的だった。今までの固定観念や思っていたことがひっくり返って、視点が少し変わった

1番衝撃的だったのは「自由とは、他者から嫌われること」という言葉。たしかにそうなのかもしれないけど、それを現実に持ち出すのはなかなか難しいことなんじゃないかなと思った。でも、自分が幸せでいるためには他者に嫌われることも受け入れるべきではないかと思う

あと、心に刺さって痛かった言葉は「他者によく思われたいからこそ、他者の視線を気にしている。それは他者への関心ではなく、自己への執着に他ならない」だった。これはまさにその通りだと感じて、胸にぐさっと刺さった。自分は人に嫌われたくない、いい印象を持ち続けていたいという思いも、ぶっちゃけ自分は他者に興味や関心なんてなくて、自分にしか興味がないから、こうも胸に刺さるんだろうなと思った。……なんて自己中心的なやつなんだろ、自分(笑)

ほかにも色々ぐさっと刺さったり、ハッとするような内容がたくさん書いてあって、読んでとてもよかった。続編のほうもあるみたいなので、ぜひ読みたいと思う