みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。毎週木曜日or金曜日更新

7月15日

 

本当は昨日更新予定だったけど、時間がなくて今日になってしまった……

最近更新する曜日が不定期だなぁ

 

読んだ本の感想(2017年4月~7月)

久々に本の感想

最近は本を読むといっても技術書を読むことが多くて、小説とかあまり読んでないので、感想を書くのは4冊と少なめ

 

コーヒーが冷めないうちに

コーヒーが冷めないうちに

 

時間を移動できる喫茶店で起こる物語

レトロな喫茶店が舞台なので、読んでた当時はレトロな喫茶店に行きたかった。そして実際に行った(笑)

1番最初の「恋人」は、今の自分と少し重なる気がして、印象強かった。ほかの話もいい話ばかりだった

この中で話は完結してなくて、伏線もたくさん残されてる(幽霊の正体など)。この後で続編の感想も書くけど、それを読むと伏線がきれいに回収される

 

この嘘がばれないうちに

この嘘がばれないうちに

 

上の「コーヒーが冷めないうちに」の続編。前作の7年後が舞台になってる

この続編を読んで初めて、シリーズの裏の主人公である数が女性なんだと知った(前作では男性だと思って読んでた(笑))

前作とも共通するけど、この物語の世界観はほんわかしててとても心地いい。なので、読んでて夢中になってしまう

7年後の話だから、前作で出てきたキャラクターが成長していて、それもなんだか微笑ましかった

この本で言いたかったことは、きっと「過去に自分のせいで誰かが犠牲になってしまって、それ故に自分には幸せになる価値や資格がないんだと思ってる人でも、幸せになってもいい」ということだと思った

 

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

君の膵臓をたべたい (双葉文庫)

 

膵臓の病気を患ってる少女と、少女の病気のことを知ってしまった少年のお話。たしか7月下旬に実写映画が公開される。公開されたら見に行きたいと思う

最初読んでるときは、少女の態度や言葉がなんとなくいらついて本をめくる速度が遅かったけど、読み進めていくうちにどんどん夢中になって、最後は一気に読み切った

少年と少女の友達以上恋人未満みたいな関係がなんだかもどかしい感じだった(笑)

最後は予想もしてなかった展開で思わずおどろいた。人生何があるかわからないなと思った

冒頭からわかってしまうから敢えて書くけど、最終的に少女は死んでしまう。そしてその場面が来た時、そしてその後の大事な場面のところを自分は電車で読んでたけど、思わず泣きそうになった。自分の部屋とかで読んでたら絶対泣いてたと思う

読了後にスッキリする、とてもいい話だった

 

マンガでわかる!  誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

マンガでわかる! 誰とでも15分以上 会話がとぎれない! 話し方

 

買って1週間でさらっと読んだ本。会話を続けるための色んな方法が書いてある

自分は人と話をするときに会話が続かないことが多いけど(あまり親しくない人や初対面の人は特に)、会話を続ける以前に相手の話が耳に入ってこないことがよくある

その原因は自分が考えるに2つあって、1つは相手の声が小さかったり自分の耳の調子が悪いとかで物理的に耳に入ってこないということ、もう1つは相手の話に興味がなかったり関心がなかったりして耳に入ってこないということ。たぶん後者のほうが多いと思う

だから相手に関心を持つようにして今日はバイトをしてみた

いつもはお客さんに「今日はあついわねー」と声をかけられても「そうですね」で終わらせていたところを「そうですね、毎日暑くて大変です」といった感じで少し言葉を足してみたら、お客さんとの会話が長く続いた。会話をぷつっと切るんじゃなくて、少し心をオープンにして接するだけで違うんだなと思った

 

以上

最近読書をサボりがち(?)なので、少しずつ読書の習慣を取り戻さないと。積読本もそこそこあるし