みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。最近は不定期更新。なるべく毎週更新したい

10月13日

最近、気温差が激しいからかなんなのか理由はわからないけど、身体がだるい。体調が悪い。体調管理はしっかりしないとなぁ……

 

ナラタージュ

ナラタージュ (角川文庫)

ナラタージュ (角川文庫)

 

何かの映画を見てるときに、映画のナラタージュの予告を見て面白そうだなと思い、原作を読んだ。2週間ほどで読み終わった

読み終わったときの感想としては、なんだか報われないなと思った。思いを寄せていても一緒にいられない気持ちは自分も経験したことがあるから、感情移入できる分とてもつらいものがあった。結局は離れて思い出となったとしても、何かのきっかけで彼のことを思い出して痛むのはつらいなぁ……

物語全体を通して、自分が過去に経験したことのあるような流れなので、共感できるところが多かった。さっきも書いたけど、思いを寄せていても一緒にいられなかったり、忘れられない人がいても別の誰かとつきあっても長続きしないし、結局その人のことを忘れられないところも、すごくわかる

読み終わった後に色々思うところがあって、しばらくぼーっとしたというなんとも言えない感情になった

 

原作を読み終えたところで、映画のほうを今日見てきた

基本的には原作に忠実な感じだけど、ところどころの場面や設定が抜けているので、原作のほうがよかったかなと思う。映画だけだと、葉山先生の気持ちわからないんじゃないかな。あと、最初と最後に出てくる人が誰なのかも、原作読んでないとわからないと思う

終盤の電車の場面は泣きそうになった。最近映画館で映画見ると、泣くことが多い……(笑)

個人的には、原作の1番最後の場面がなかったのが悲しかった

映画を見て面白かったら、原作を読むといいかも