みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。最近は不定期更新。なるべく毎週更新したい

1月28日

気づけばもうすぐ2月。今月は2つしか更新できなかった……

最近更新頻度が減ってるし、来月は更新頻度を多くしていけたらいいな

 

最近読んだ本の感想

タイトル通り、最近読んだ本の感想などを書いていこうと思う

今回は盛りだくさんの予定

 

自己啓発

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

 

手持ちの化粧品でいい感じのメイクをしようという本

しかし、自分は本に載ってる化粧品で持っていないもののほうが多かった(自分が持ってる化粧品が極端に少ないというのもあると思う(笑)。サーモンピンクのリップとか持ってない)

でも、載ってるメイクのテクニックは自分の中で効果的なものが多かった。特に、ビューラーの使い方とファンデーションの塗り方はびっくりした

この本では「洗顔したら化粧水をたっぷり使って保湿する」と書いてあるが、自分が過去に読んだ本では「化粧水は使っても意味がない」的なことが書いてあって、どっちが正しいんだ?って思った。個人的には、化粧水を使ったほうが時間が経っても乾燥しなかったから、化粧水を使うことの意味はあるんじゃないかと思った

 

〇小説

ユリゴコロ (双葉文庫)

ユリゴコロ (双葉文庫)

 

主人公の家で見つかる4冊のノートから始まるミステリー?もの

最初読んでる時は、ノートの中身の表現がグロくて読む気が失せてたけど、それでも頑張って読んでたら、ジャンルが途中からミステリーからまさかの家族愛になっていて、とてもびっくりした。実写映画にもなってるみたいだけど、どんな感じなのか気になった

最後はちゃんとしっかりした終わりになっていて、読了後はなんだかほっこりした。不思議な小説だった

 

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

付き合ってる彼氏が嘘だらけだった女性の話

小説の中では、回想を除いて彼氏さんが会話しないというのが、個人的に印象的だった(笑)

もし、彼氏さんの全てが偽物だったら……という現実ではありえそうな、ありえなさそうな設定が、自分の中で共感した。実際、自分も今付き合ってる彼氏さんのこと全てを知ってるわけではないし

小説を読み終わった後に実写映画のほうも見てきた。小説と映画で細かい設定が違うけど大体の内容は一緒だった。映画だけに出てきたキャラは正直いらなかったと思った

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

作品紹介の「最後から2行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する」に惹かれて読んだ小説

確かに、読み始めたときはよくある恋愛小説だと思った。大学生の主人公が合コンで出会った女性と付き合い、就職して社会人になったと思ったら、途中で浮気する……って感じの話だけど、問題は最後の最後。最後のページの時点ですでにおかしいと思ってたけど、最後の2行で「え、どゆこと?」てなった。でも、よくわからなかったから、ネタバレを調べたら「えーーーー」てなってびっくりした

なんていうか、小説ならではのトリックかなと思う。人の思い込みってすごいね、うん

これも実写映画になってたみたいだけど、どうなってるのかすごく気になった。DVDでもレンタルして見てみようかしら

 

〇コミック

コーヒー&バニラ 1 (Cheeseフラワーコミックス)

コーヒー&バニラ 1 (Cheeseフラワーコミックス)

 

簡単に言えば、女子大生であるリサと社長の深見さんの年の差ラブストーリー

なんていうか、スーツが似合う年上の人ってかっこいいよねと思う(笑)

最近、この深見さんがとってもかっこよくて、読みたびに癒される今日この頃……。こんな風にちゃんと自立してて、彼女をエスコートできる深見さんにすごく憧れる……さすがマンガの世界だなと思う(笑)

 

執事たちの沈黙 1 (フラワーコミックス)

執事たちの沈黙 1 (フラワーコミックス)

 

わがままお嬢様と表は執事だけど裏はクズ男の、(また)年の差ラブストーリー。ちなみに、自分は執事の和巳のほうがかっこいいと思う(知ってる人にしかわからない)

なんというか……このまんがを読むと、すごくほっこりする(笑)あと、絵柄が個人的に好み

お嬢様の椿にクズ男の正体がばれないようにするところが、すごく面白い(笑)けど、最新話でついに……って感じなんだよなぁ。これからの展開が気になる今日この頃

 

お酒が大好きな女性の話。毎回違うおつまみと共にお酒を飲んでる

彼氏さんと一緒にアニメ版を見てたら面白かったから、まんが版をまとめて買った(笑)彼氏さんの影響を受けやすいな

これを読むと確実におなかが空く飯テロ漫画だと思う。おつまみがおいしそうだし、お酒もおいしそうだし……。ちなみにこれを読み始めてから、確実にお酒を飲む量が増えた(笑)

 

タカコさん 1 (ゼノンコミックス)

タカコさん 1 (ゼノンコミックス)

 

耳が少しだけいい女性の日常話。作者はワカコ酒と同じ人

読み始めた最初は、ほんとにただのどこにでもありそうな日常話の連続で「うーん」って感じだったけど、2巻を読み始めてから何故かハマって、最近は家の中でぼーっとしてたらタカコさんを読んでることが多い。個人的にワカコ酒より面白いかもと思う

個人的には10話が特にお気に入り。まわりの他愛のない言葉に傷ついて落ち込むけど、落ち込んでも自分は自分のままでいい、というメッセージが今の自分にはすごく印象的だった。来月3巻が発売予定みたいだから、今から楽しみ

 

以上。気になるものがあったら読んでみるべし