みゆにゃんぶろぐ

気まぐれで書きたいことを書いていきます。最近は不定期更新

精密採点DXで素点98点出た!

ブログ記事のタイトルを日付から変更した。今度から(というか前からそうだったけど)、1つの記事につき1つの内容を書いていくことにする。

 


f:id:clover_0907:20190627124903j:image   f:id:clover_0907:20190627124858j:image

(素点98.175点)

 

先日、今年の目標のひとつ「精密採点DXで素点98点以上を出す」を達成した。わーい。

98点出る前から96点とか点数がよかったためか、もしかしたら目標達成できるんじゃないかって思った。そこで最近調子がいいdeep seaを歌ったら98点超えてびっくりしたという(笑)。


自分が今まで課題点として挙げていたのは「表現力(抑揚)」だった。精密採点は極端な抑揚を好むのか、極端に抑揚を定期的につけると点数が上がった。

自分は声の大きさを変えると音程が狂ってしまうことがあったから、そこは練習して正しい音程で歌えるようにした。それでも抑揚の評価が上がらないから、プラスしてマイクの距離も調整した(これはいつもやってる)。


deep seaは聞いたことがある人ならわかると思うけど、奈々ちゃんの歌の中では音域狭め・音程が飛びまくったりしないので、高得点は狙いやすい曲だったというのも、目標達成した理由のひとつかもしれない。選曲大事

個人的には奈々ちゃんの歌は、音程バーが長めでビブラートかけやすいのでおすすめ。音程やリズムが難しいの多いけど(笑)


でもぶっちゃけて言っちゃえば、カラオケの採点は機械と環境によって差が出やすい。

今まで色んなカラオケ屋さんで採点してきたけど、高得点が出やすいのはいつも同じカラオケ屋さんが多い。あと、同じカラオケ屋さんでも機械によって音拾ってくれたり、逆に拾ってくれなかったり、音量の調整が上手にできなかったりして、得点に影響が出たことがある。

だから高得点出したいぞー!という時は、高得点が出やすい優しい?カラオケ屋さんに行くといいかもしれない。

あと、自分用のマイク持っていけば得点は安定しやすい(環境に左右されないから)。

 


ここ数年、毎年のカラオケの目標を1点ずつ上げて、それを毎年達成している。ということは、このままいけば再来年には素点100点が目標になるわけだけど、しばらくはdeep sea以外でも98点が出るように頑張ろう。

98点以上は壁が大きい気がする……。