みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。最近は不定期更新。なるべく毎週更新したい

12月3日(後半)

前半に引き続き、後半。初めて連続で更新するな……(笑)

ちなみに後半は話しが重めな予定なので、それでもいいよって人は読み進めてくださいな 

 

方向を見直す

金曜日に、企業の方に自分が今作っている就職作品を見ていただいた

企業の方に作品を見てもらって、今自分が作ってるこの作品で就職作品として大丈夫なんだろうか、方向性はこれで合っているのかを確かめたいからだった

 

当日、その出番がやってきて、いざ企業の方に作品を見てもらおうかと思った。けど、話し始めたらすごく緊張して思ったように言葉は出ないし、正直自分自身で何を言っているのかもわからない状態で混乱していた。話したいことは事前に決めていたのに……

そして企業の人が言った言葉は「自分は何を聞かされているんだろう」だった。相手に自分の言葉や意図が全く伝わっていなかった

その瞬間は自分の中ではすごく不思議に思った。「え?なんで?」と思った。けど、冷静に考えれば、あの時の自分はあの場で質問する内容も、言葉も、全てが間違っていたんじゃないかと思う

それから、作品を見てもらう場が何故か人生相談の場へと変わり、作品を見てもらうこともなくその場を終えた

ボロボロだった

そして、今まで自分がやってきたこと、自分がしたかったこと、自分が目指すべき方向が危うくなった

 

自分はどちらかといえば、ゲームを作るというよりかは、ゲームを作るためのツールやライブラリなどを作りたいと思っていた。なぜなら、自分にはゲームの企画に対してトラウマを抱いていて、自分が作るゲームの「面白さ」に対して自信が持てないからだった。ツールやライブラリ制作なら、ゲームの「面白さ」は考えてなくていいだろうと思って、ずっとツール制作をしたいと思っていた

簡単に言えば、トラウマから逃げていた

でも思えば、自分は今までずっとそう言ってきたものの、思ってるだけで実際に行動には移していなかった。言ってるだけだった

じゃあ、自分は今まで何をしてきたんだと。何を原動力に、何が楽しくて、何が嬉しくて、どうしてゲーム制作を、プログラミングをしてきたんだろうと思った

自分は何になりたいんだろう。何を目指しているんだろう

正直それは今でもわからない。具体的には思い浮かばない

それでも、自分は3年前にプログラマーとしてゲーム業界に関わりたいと決意した。今でもその気持ちは変わらない

自分はプログラマーとして、ゲームをプレイしてくださるユーザーさんに、「ストレスフリーな操作」や「バグのないゲーム」など、プログラム面で楽しませたい。言葉が変だけど……

だから今は、その気持ちで、方向性でやっていけばいいかなと思う。具体的に何をするかは会社に入ってからでいいと、先生からも彼氏さんからも言われた(笑)

 

今回のことで、自分の方向性を改めて見直すこと。あとはいかにして自分の伝えたいことを正しく相手に伝えるか、その難しさを学んだ

自分の伝えたいことを相手に正しく伝えられないと、これからの面接で失敗するだろうし、なんとかしないと……

面接は慣れだと言うし、慣れないのが原因で自分の言葉が伝わらなくて失敗するなんてもったいないから、慣れでなんとかなるのなら、早く慣れてしまいたい。場数を踏むしかない。だから、そういう機会があるのなら参加していこうと思った

12月3日(前半)

今週は大きい出来事が2つあったので、前半と後半に分けて書いていく

 

海外の人とゲームジャム

11月28日~30日の間、海外の人とゲームジャムをやった。海外の人とチームを組んでジャムをやるのは2回目だった

 

f:id:clover_0907:20171203224848p:plain

作ったのは上のゲーム

簡単に言うと、火星に迷い込んだ2人のプレイヤーが障害を突破して脱出するゲーム。制作期間は2日間

自分のチームは、海外の人2名と日本人2名(1人は自分、もう1人は後輩くん)。海外の人たちがゲームデザイナーということで、ゲームの企画を考えてもらった。自分と後輩くんはプログラマーだから、海外の人たちが考えた企画をもとにゲームを作った

自分は、爆弾の処理(スイッチを押したら爆弾が爆発する処理)と後輩くんのサポートをした。だから、今回のゲームはほとんど後輩くんが作ったようなもの(笑)

 

ゲームジャムをやり終えた感想としては、最初はチームになじめるか、海外の人と上手くやっていけるか不安だったけど、チームメンバーにも恵まれて、ゲームジャムを楽しめた。ほんとに楽しかった

あと、今回はアメリカの人たちとゲームジャムをしたけど、アメリカの人たちは常にテンションが高いし、リアクションも大きいなと思った(笑)でもそのリアクションで何が言いたいのかがわかるし、いいなと思った

後期の集中授業の時も海外の人たちとジャムをしたけど、その時と同じで、言語の壁は今回も感じた。日本語だったらすぐ言葉が出てくるのに、それを英語に変換するにはどうしたらいいのか全然出てこなくて、Google翻訳に頼りっぱなしだった。英語話せるようになりたい……。それ以前に、英語で何を言っているのか理解したい……(笑)

まぁ、まとめて言えば、楽しかったかな。ゲームジャムに参加してよかったと思う

11月24日

昨日今日と時間があったから、作品作りをしていた。現状は完成度50%くらいだと思う

12月の学内コンペに間に合うか激しく不安……(笑)

 

std::function

久々のプログラミングのメモ書き

作ってる作品の中にstd::functionを使う機会があったので、それについて書いていこうと思う

 

std::functionは関数アドレスを入れることができるオブジェクトである。関数ポインタみたいなものである

 

関数ポインタとは、いわば普通の変数にアドレスがあるように関数にもアドレスがあって、それを入れることができるポインタ変数のことである

関数名に()をつけるとその関数を実行するけど、関数名だけだとその関数のアドレスになる

関数ポインタの宣言方法は「(戻り値の型)(*関数ポインタ変数名)(引数の型、引数の型...)」となる。宣言した関数ポインタは、戻り値の型と引数の型と個数が一致する関数のみしか代入できない

実行するときは「関数ポインタ変数名();」で実行できる。上の場合だと「pfunc(10);」で実行できる。変数に()をつけられるのは、初めて見るときは不思議に見えるかもしれない

C++の標準関数でbsearch(探索)やqsort(ソート)を使用するときに、引数に関数ポインタを指定する必要があるので、覚えておくといいかも

 

ここで本題(笑)

さっきも書いたけど、std::functionは関数アドレスを入れることができるオブジェクトである。代入方法が色んなパターンがある

あ、std::functionを使うときは「#include <functional>」必須

書き方は「std::function<(戻り値の型<引数の型、引数の型...>) (オブジェクト名)」になる。個人的には関数ポインタよりもわかりやすい気がする。こっちのほうが使い慣れてるからかもしれない(笑)

関数ポインタと同じで、戻り値の型と引数の型と個数が一致していないと代入できない

ちなみに、関数ポインタではラムダ式は代入できない。これは大きなポイントだと思う

 

自分が今回悩んだのは、クラスのメンバ関数の中でstd::functionに同じクラスの別のメンバ関数のアドレスを代入しようと思ったときである

素直に関数アドレスを入れるとエラーになる。これがどうしてエラーになるのかはわからない……

これでしばらく悩んでいたけど、解決方法が判明した

最初にラムダ式で包む方法を思いついて、やってみたらできた。でもわざわざラムダ式で包むのは煩わしいし、なんか違う気がすると思った

bindの方法はTwitterで友だちからアドバイスをもらったので、調べてみたらできた。個人的にはこっちのほうがしっくり来たので、こっちのほうを採用した

 

std::functionを知ってると便利なことがたくさんあるので、もし使う機会があれば使ってみるといいと思う

11月10日

11月になってもう10日。早い

12月中には今作ってる作品を完成させたいけど、できるかなぁ……

 

紅葉サイクリング

先週の日曜日、久々に彼氏さんと長距離のサイクリングをした

今回は彼氏さんの家→香嵐渓の間を走った。往復で約60kmくらいだった気がする

 

彼氏さんの家を出発し、しばらくのんびり走り、途中から猿投グリーンロードへ入った。猿投グリーンロードは車両だと有料だけど、自転車は無料で走ることができる。しかも、車両と自転車道路は区切られていて走りやすい……と思っていたけど、突入していきなり坂が続いた。この坂がだいぶ長くて、登ってる時は意地になっていた(笑)

登り坂が終わって今度は下り坂になったけど、これも長くて速度も速くて、ブレーキをかけるのがとても大変で指がとても痛くなった

f:id:clover_0907:20171110212939j:plain f:id:clover_0907:20171110212956j:plain

途中、休憩場所があったのでそこで休憩。この時点で自分は坂を登って足が疲れたのと、坂を下ってブレーキかけて指が疲れて、とにかく疲れていた。けど、すぐに回復した(笑)

休憩して少し走って、グリーンロードを下りた

そこから5kmくらい走ったら香嵐渓に到着した。片道所要時間は2時間ほど

f:id:clover_0907:20171110215003j:plain f:id:clover_0907:20171110215023j:plain

去年も同じ日(偶然)に香嵐渓に行ったけど、去年に比べて今年は紅葉率が高い気がした。去年はほとんど緑だったからなぁ……(笑)

f:id:clover_0907:20171110215153j:plain

こっそり彼氏さん撮った(笑)

 

香嵐渓では紅葉を見て、ご飯を食べてそれからすぐに帰った。帰るといっても来た道を戻っただけ

しかし、来た時に苦労したグリーンロードをまた登らないといけないわけで、帰り道は意地を通り越して何も考えずに無の状態で登っていた。しかも、初めてギアをこれ以上軽くできないのを経験してしまい、時速8kmくらいで登っていた(笑)

必死に登ってる途中で後ろからベルを鳴らされたので、後ろに誰か来ているんだなと思って道を譲ったら、ささっと青い服の男の人が通って「がんばって~」と余裕そうに声をかけて自分を抜いた。自分は登るだけで精一杯なのに、なんであんなに余裕そうにささっと坂を登れるんだ……とその時思った

1度も足を着かないで坂は登った。坂を登り切ったとき、急に安心したからか、足がすごく震えていた(笑)

 

今回サイクリングで、坂を登るのがあまりに遅すぎて、それが悔しかった

なので、坂を速く楽に登れるようになりたいと思った

11月1日

11月になった。今年もあと2ヶ月。早い……

なんか毎年11月になると、今年もあと少しだと実感する。あと、世間は一気にクリスマスモードに切り替わる気がする

 

体調管理

ここ2週間くらい、勉強や制作のモチベーションはあるのに身体がだるいことが続いていた。だるいというか、前に比べて疲れやすくなったような感じがする

基本的に身体をしっかり休めば次の日は大体調子いいけど、ここ最近は身体を休めてもだるい状態が続いていた

そして先週の土曜日にはのどが痛くなって、ついには風邪をひいてしまった

当初はただのどが痛いだけだから扁桃腺炎かなぁと思ってたけど、病院に行ったら風邪だった。両方とも症状が似てるから区別しにくい……

病院で口と鼻にぷしゅーっと薬をかけられ、飲む薬もたくさんもらって飲んだら、次の日にはあっという間によくなった

 

けど、体調が悪くてバイトは2日連続、学校は1日休んでしまった

学校はまぁいいとして、バイトを休むとまわりに迷惑をかけてしまうから、体調管理にはしっかり気をつけないとなと改めて思った

 

そこで、体調管理で気をつけたほうがいいことを、調べながら自分なりにまとめてみようと思う

 

〇質のいい睡眠をとる

睡眠時間が長ければそれでいいというわけではなくて、質のいい睡眠をとることが大事。そうすれば、睡眠時間は多少短くても大丈夫

質のいい睡眠をとるには、

・寝る30分前はスマホやPCなどの画面を見ない。脳が刺激されて興奮して質が悪くなる

・寝る前にたばこ、お酒はやめる

・寝るときはリラックスする。次の日が面接とかで緊張してたら寝れないので、リラックス。緊張のあまり眠れそうになかったら、香りでリラックスるさせたりするといいかも

などなど

 

〇食事

食事は栄養バランスのいい食事を心がけたほうがいい。そんなことをいう自分だけど、普段栄養バランス全く考えてない……。個人的に、栄養バランスのいい食事とかを選ぼうとすると、「必然と品数が多くなる=そんなお金ないよ」となる。サプリメントとかで栄養摂ったほうがいいのかなぁ、むむむ……。個人的にはサプリメントよりも、野菜とかの食べ物で摂りたい派なんだよなぁ、でもそれはお金が(以下略)

 

〇手洗い、うがいの徹底

外から帰ってきたとき、自分は手洗いはしてるけど、うがいは習慣になってなかった。だからのどを痛めてしまったのか……(わからないけど)

手洗いのついでにうがいも習慣化しよう

外出するときは、菌をもらわないようにマスクをするのもひとつの手だとは思うけど、個人的にはマスクはあまり好きじゃないので、病気の時以外はしない

 

〇ストレスを適度に発散

これが一番大事なんじゃないかと思う。病気の原因を見てても、ほとんどストレスが原因のひとつと書いてあることが多い

自分は普段、ストレスを抱えてるつもりはないけど、もし抱えてたとしても適度に発散してるとは思うけど、ただ意識してないだけで、ほんとは小さなことでもストレスを抱えてる可能性が高いんじゃないかと思う。平日は学校とバイトでほとんど自分の好きなことできてないし、休日はバイトだったり、バイトが休みだったら彼氏さんと遊ぶけど、思えば1人でのんびり好きなことをやる時間が今はないな……。長期の休みのときは時間があって暇だったのに極端だなぁ(笑)

 

以上

日ごろから体調には気をつけて、いざというときに体調を崩さないように気をつけよう