みゆにゃんぶろぐ

日々思ったことなどを書いていきます。最近は不定期更新。なるべく毎週更新したい

12月5日

だいぶ久々の更新。これからは以前通り、週1のペースで更新していこうと思う

 


就活を終えて


最後の更新で「就活がうまくいかない。やめたい」的なことを書いた。実は、その後あっさりと内定をいただいて就活を終わらせた

当時はこれ以上就活するのが嫌になっていたからか、初めていただいた内定がとても嬉しかった。嫌な現状を脱出できたから


ここで改めて、就活というのを経験してみて思ったのは、就活は思った以上にトラウマになってしまったということ。就活する前の自分は就活を楽しみにしていたのに、いざやってみたら結果は散々だったし・・・

もし、これからの人生で転職することになったとして、また履歴書書いたり、志望動機考えたり、面接するのはもう嫌だ


どうやら自分は、アピールしたりプレゼンしたりすることがとても苦手らしい

自分に自信がないから

だから、自信持って発言できている人を羨ましく思うし、どうしてそんなことできるんだろって思う

どうしたら自分の考えに、態度に、自信が持てるようになるのだろうと思う


自分に自信がない原因の1つとして、「他人の行動が正しい」と思いこんでいるところにあるのかもしれない

自分はまわりの人の機嫌を損ねることをしたくないと思っているから、自分の行動で相手が不機嫌になってしまうといつも自分を責める。そしてその人に嫌われると怖がってしまう

これは、自分が長年スーパーで接客していることが原因だと思う

接客業というものは常にお客様が神様(自分的にはその考えはあほじゃないか、と思う)で、神様の言うことは絶対だからイエスマンを演じないといけない。お客様の機嫌を損ねるようなことをすれば、自分はまわりに認められなくなる、と思っていた

今思うと、自分は承認欲求がすごく強いと思う。今までそれで生きてきたような気がする

他人に認められたい一心で今も生きている気がする。だって、他人に自分を認めてもらえたら単純に嬉しいし、それがモチベーションに繋がるから


でも結局それって、「自分の人生」を生きていないんだよな、と思う

まわりのことばかり気になって、まわりの機嫌次第で自分の機嫌も変わるって、全部「他人ありき」じゃん


話を戻して

自分がどうしてあんなにも就活が嫌だったのかというと、「就活そのものが、他人に認めてもらうためにやっていたから」だろうなと思う

自分は正社員になりたくて、就活した

自分はまわりに社会人として一人前として認められたくて、正社員を目指した

じゃあ、「正社員≠社会人として一人前」だったら? きっと自分はこれからもスーパーで働いていただろう。それが1番楽だから。きっと進学すらしなかっただろう。進学は就活を少しでも有利に進めるために選んだ道だから


他人に認めてもらおうと自分を必死にアピールしてきたけど、そもそもアピール自体が苦手なことだし、就活なんてしなくていいならしないだろう。自分にとってしたくないことだから、きっとうまくいかなかったんだと思う

もし自分がお見合いとか婚活とかしたら、絶対うまくいかないだろうなと思う。就活も婚活も一緒だ


きっと自分の中で婚活と就活の違いは、欲しいか欲しくないかの違いだろうと思う

自分は結婚願望がない。べつに結婚できなくても生きていけるし、1人でも十分だと思っているから

就職は絶対したいと思っていた。他人に認められるし、お金が手に入るという意味で生きていくために必要なことだと思っていたから

・・・案外アピールなんてしないほうが、自分にとっていい方向へ進むんじゃないかと思う。別に就職しなくても生きていくことができるのなら、就職しなくてもいいと思う

自分はプログラミングが好きだからプログラマーの職種で仕事を探していたけど、正直会社に入らなくてもプログラミングできるし・・・


そんな感じで、自分の人生を改めて考え直してる今日この頃

このままでいいのかな。このまま社会人になっても案外幸せかもしれないし、無理ってなるかもしれない

まぁ、無理ってなったときにまた考えればいっか

7月13日

お久しぶりです。久々の更新

今回は現状報告と長くて重たい内容の話になります

 

就活やめたい

最近、事あるごとに精神的に体調不良になって、昨日今日と学校を休んでしまった

3年生になってから学校を休むことが多くなっているが、その理由は就活にある

 

先日、とある企業さんにお祈りをもらった

自分の中で自信もあって、面接が初めて通った企業だったから、お祈りをもらって正直とてもショックだった

 

就活を始める前までは、就活は自分にとって希望や夢が叶う楽しみイベントの1つだと思っていた

自分にとっての希望や夢というのは「ゲーム会社にプログラマーとして正社員で入社する」ことだった。それを叶えるために、勉強だってしてきたし、貯金もしてきた

けど、実際に就活が始まってみると、そう簡単には上手くいかなくて、作品送れば落ちるし、作品が通っても面接で落ちる

履歴書で志望動機が全然思い浮かばなかったり、面接で自分をよりよく見せるために盛ったり。それがめんどうだから、盛るのをやめたら落ちるし。もうどうしたらいいかわからない

 

自分が就活以前に勉強などを頑張ってこれたのは、小さな成功を積み重ねてきたこともあるし、「自分にはできる」と思っていたからだった

けど、就活に関しては成功なんてないし、お祈りくらってダメージ食らいまくりだし、到底自分にはできるなんて思えないからだった

自分自身のことは努力で変えることができるけど、就活は評価を決めるのは企業。企業を変えることなんてできない。だから難しいと感じるし、心が折れる

 

正直、もう就活なんてしたくない

就活するくらいなら、夢だって捨てていい

それくらいにもう疲れた

 

そもそも、自分が夢を持つようになったのは、「正社員になって自立しなきゃな」と思っていたからだった。正社員にならなきゃと思ってたのは「世間や他人に認めてもらいたい」と思ってたからだった

いつも自分は他人や世間の目線ばかり気にする

ほんとはそんなことしなくてもいいのに

ここで就活やめて、学校やめたら、「あいつ逃げたな」とかまわりのみんなは思うだろう。でも自分はもう疲れた。就活なんてやってられるか

 

ここまで読んで「メンタル弱いな」とか「就活で逃げるなんて」とか思う人もいると思う。でも自分はそういう人間。就活に挫折するような弱い人間なのです

 

 

ただプログラムが好きで、ゲームが好きで、それで仕事したかっただけなのになぁ

 

2月2日

2月に突入。後期の授業も残り1日

後期はそれなりに頑張ったけど、成績がちょっぴり不安な今日この頃

 

アムール・デュ・ショコラ2018

先週の金曜日、髙島屋で毎年この時期になると開催される「アムール・デュ・ショコラ」へ行ってきた

去年は友だちと行ったけど今年はぼっちで学校帰りに行ってきた。学校帰りにふらっと寄れるのがいいと思う(笑)

今年の戦利品はこちら。去年は節約してたけど、今年はバイトのお給料がたくさん入ったので、奮発した。ちなみに全部自分用(笑)

f:id:clover_0907:20180202160750j:plain

基本的にお酒(日本酒)が入ってるチョコばかり(笑)

ひとつずつ紹介

f:id:clover_0907:20180202160850j:plain

「ブボ バルセロナ チョコフルーツマカダム」

中にマカダミアナッツがごろっと入ってるチョコレート。塩が入ってるのか、ちょっぴりしょっぱい

これがすごくおいしい!高級チョコレートであることを忘れて、2日で食べきってしまった(笑)親もおいしいと言ってたから今日また買ってきた(お金なくなる……)

ほんとにおいしい。おすすめ

f:id:clover_0907:20180202161517j:plain

シルスマリア 国士無双生チョコレート」

生チョコレート発祥の店・シルスマリアの日本酒の生チョコレート

去年、これの試食を食べておいしいと思ったけど節約して買えなかったから、今年こそはと思って買った。まだ食べてないけど、試食の時点でおいしかったから楽しみ

f:id:clover_0907:20180202161923j:plain

「和楽紅屋 獺祭抹茶トリュフ」

簡単に言えば、日本酒の抹茶トリュフ。一昨年の年末あたりに親が買ってきた獺祭を飲んだらめちゃくちゃおいしくて、その抹茶トリュフってどんな感じなんだろと思って購入。木の箱はなんだか高級っぽい感じ(笑)肝心の中身は、日本酒の味がすごくしておいしい。親に1個あげたら「奈良漬みたい」と言ってた(笑)

f:id:clover_0907:20180202162524j:plain

「東北六県酒蔵 日本酒ボンボン」

とにかく今回は日本酒のチョコが食べたくて、カタログの中で見つけた日本酒ボンボン。どうやら髙島屋限定商品らしい。まだ食べてないけど、どんな味なのか今から楽しみ

 

以上。気になったものがあったら食べてみるべし

……先週と今週はレビューばかりしてるな(笑)

1月28日

気づけばもうすぐ2月。今月は2つしか更新できなかった……

最近更新頻度が減ってるし、来月は更新頻度を多くしていけたらいいな

 

最近読んだ本の感想

タイトル通り、最近読んだ本の感想などを書いていこうと思う

今回は盛りだくさんの予定

 

自己啓発

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック

 

手持ちの化粧品でいい感じのメイクをしようという本

しかし、自分は本に載ってる化粧品で持っていないもののほうが多かった(自分が持ってる化粧品が極端に少ないというのもあると思う(笑)。サーモンピンクのリップとか持ってない)

でも、載ってるメイクのテクニックは自分の中で効果的なものが多かった。特に、ビューラーの使い方とファンデーションの塗り方はびっくりした

この本では「洗顔したら化粧水をたっぷり使って保湿する」と書いてあるが、自分が過去に読んだ本では「化粧水は使っても意味がない」的なことが書いてあって、どっちが正しいんだ?って思った。個人的には、化粧水を使ったほうが時間が経っても乾燥しなかったから、化粧水を使うことの意味はあるんじゃないかと思った

 

〇小説

ユリゴコロ (双葉文庫)

ユリゴコロ (双葉文庫)

 

主人公の家で見つかる4冊のノートから始まるミステリー?もの

最初読んでる時は、ノートの中身の表現がグロくて読む気が失せてたけど、それでも頑張って読んでたら、ジャンルが途中からミステリーからまさかの家族愛になっていて、とてもびっくりした。実写映画にもなってるみたいだけど、どんな感じなのか気になった

最後はちゃんとしっかりした終わりになっていて、読了後はなんだかほっこりした。不思議な小説だった

 

嘘を愛する女 (徳間文庫)

嘘を愛する女 (徳間文庫)

 

付き合ってる彼氏が嘘だらけだった女性の話

小説の中では、回想を除いて彼氏さんが会話しないというのが、個人的に印象的だった(笑)

もし、彼氏さんの全てが偽物だったら……という現実ではありえそうな、ありえなさそうな設定が、自分の中で共感した。実際、自分も今付き合ってる彼氏さんのこと全てを知ってるわけではないし

小説を読み終わった後に実写映画のほうも見てきた。小説と映画で細かい設定が違うけど大体の内容は一緒だった。映画だけに出てきたキャラは正直いらなかったと思った

 

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

イニシエーション・ラブ (文春文庫)

 

作品紹介の「最後から2行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する」に惹かれて読んだ小説

確かに、読み始めたときはよくある恋愛小説だと思った。大学生の主人公が合コンで出会った女性と付き合い、就職して社会人になったと思ったら、途中で浮気する……って感じの話だけど、問題は最後の最後。最後のページの時点ですでにおかしいと思ってたけど、最後の2行で「え、どゆこと?」てなった。でも、よくわからなかったから、ネタバレを調べたら「えーーーー」てなってびっくりした

なんていうか、小説ならではのトリックかなと思う。人の思い込みってすごいね、うん

これも実写映画になってたみたいだけど、どうなってるのかすごく気になった。DVDでもレンタルして見てみようかしら

 

〇コミック

コーヒー&バニラ 1 (Cheeseフラワーコミックス)

コーヒー&バニラ 1 (Cheeseフラワーコミックス)

 

簡単に言えば、女子大生であるリサと社長の深見さんの年の差ラブストーリー

なんていうか、スーツが似合う年上の人ってかっこいいよねと思う(笑)

最近、この深見さんがとってもかっこよくて、読みたびに癒される今日この頃……。こんな風にちゃんと自立してて、彼女をエスコートできる深見さんにすごく憧れる……さすがマンガの世界だなと思う(笑)

 

執事たちの沈黙 1 (フラワーコミックス)

執事たちの沈黙 1 (フラワーコミックス)

 

わがままお嬢様と表は執事だけど裏はクズ男の、(また)年の差ラブストーリー。ちなみに、自分は執事の和巳のほうがかっこいいと思う(知ってる人にしかわからない)

なんというか……このまんがを読むと、すごくほっこりする(笑)あと、絵柄が個人的に好み

お嬢様の椿にクズ男の正体がばれないようにするところが、すごく面白い(笑)けど、最新話でついに……って感じなんだよなぁ。これからの展開が気になる今日この頃

 

お酒が大好きな女性の話。毎回違うおつまみと共にお酒を飲んでる

彼氏さんと一緒にアニメ版を見てたら面白かったから、まんが版をまとめて買った(笑)彼氏さんの影響を受けやすいな

これを読むと確実におなかが空く飯テロ漫画だと思う。おつまみがおいしそうだし、お酒もおいしそうだし……。ちなみにこれを読み始めてから、確実にお酒を飲む量が増えた(笑)

 

タカコさん 1 (ゼノンコミックス)

タカコさん 1 (ゼノンコミックス)

 

耳が少しだけいい女性の日常話。作者はワカコ酒と同じ人

読み始めた最初は、ほんとにただのどこにでもありそうな日常話の連続で「うーん」って感じだったけど、2巻を読み始めてから何故かハマって、最近は家の中でぼーっとしてたらタカコさんを読んでることが多い。個人的にワカコ酒より面白いかもと思う

個人的には10話が特にお気に入り。まわりの他愛のない言葉に傷ついて落ち込むけど、落ち込んでも自分は自分のままでいい、というメッセージが今の自分にはすごく印象的だった。来月3巻が発売予定みたいだから、今から楽しみ

 

以上。気になるものがあったら読んでみるべし

1月15日

大変遅くなりましたが、あけましておめでとうございます

今年もみゆにゃんをよろしくお願いします

 

焦り

なんでこうも更新が遅くなったのかというと、年始は神社へ行ったり、企業の方に作品を見ていただいたり、バイト三昧で色々と忙しかったからで……(笑)

いつの間にか冬休みも終わって、学校の授業もあと3週間……。ほんと早いなぁ

 

年が明けてから、まわりのみんなが本格的に就活を始めている。しかし、そんな中で自分は未だに作品を少しずつ作って、就活というか行動を起こしていない

この時期でこんな状態で大丈夫かな、と少し不安というか焦りを感じる

しかし、もし現状で自分が志望している会社が応募を開始したとしても、準備は整っていないので応募はできない。なぜなら、作品がまだ完成していないから

でも、このままだと、「気づけば各社が新卒応募を開始→準備が整っていないので応募はまだできない→気づけば応募〆切」な状態になっていそうで、とても怖い

しかも、仮に自分が納得できるレベルまでに作品を完成させたとして、それが12月とかだったら笑えない(笑)

なので、ある程度で作品作りに区切りをつけるというか、完成させないといけない

でも、どの程度を持って「完成」と言えるのかが自分の中で曖昧になってきているのが現状。作品の中に入れるリストにある項目はたくさんあっても、その全てを入れることはこの短期間では難しいと思う。だから、優先順位をつけてやるしかないかなと思う

 

というか、就活を始めてるみんなはもう作品が完成したのかな。応募してるということは、そういうことなのかなと思う。そう考えると、既に乗り遅れてる感もある今日この頃……

正直、まわりと比較して落ちこんだり焦りを感じる必要はないとは思うけど、それでも少しは気になってしまうよね……

 

久々の更新なのに、ただ不安を吐き出しただけになってしまった