みゆにゃんぶろぐ

ゲーム(開発)/カラオケ/サイクリング/コーヒーの話題多め。毎週木曜日or金曜日更新

6月8日

最近、プログラミングするのが楽しい。正確には、ゲーム制作が少しでも楽になれるようなライブラリ的なクラスを作るのが楽しい

てなわけで今回は自分に対するメモも兼ねて、久々に技術的なことを書いていく

今回は盛りだくさんの2本立て

 

シングルトンパターンとユニークポインタの違い

最近の授業でよく出てくる「シングルトンパターン」と「ユニークポインタ」

2つとも「唯一の存在」的な感じだけど、ちゃんと理解していないと両方とも同じような意味に感じてしまうかもしれない

これが2つの違いである

シングルトンパターンは、そのクラスのインスタンスを1つしか生成できない

ユニークポインタはそんなことなくて、同じクラスのインスタンスを何個でも生成できる

じゃあ何が「ユニーク」なのかというと、以下の通りである

ユニークポインタはコピーができない。これがユニークの正体

しかし、関数の引数などでユニークポインタを受け取りたいときはどうしたらいいのか

そんなときに使うのがstd::move()である

先程も書いた通り、コピーはできないのでエラーになる

そこでstd::move()を使うことでポインタの所有権を渡すことで、無事受け渡しができた

ちなみに、std::move()した時点で引数のユニークポインタはemptyになる

 

便利なforの使い方

C++11からの機能で、forがいわゆるforeachのような書き方ができるようになった

これがとても便利

たとえば、vectorコンテナで全ての要素を参照したいときはこうすることが多い

これは以下のようにも書くことができる

すごく短くなった

vの中にvectorコンテナ(a)の各要素が入るので、vを使ってあとは好きな処理を書けば、全ての要素で同じ処理が行われる

ちなみに、vectorコンテナ以外にも普通の配列でも同じように書くことができる

もともとこの機能があるのはなんとなく知ってたけど、その当時はいまいち使いこなすことができなかったから使ってなかった

けど、今日のネットワークプログラミングの授業でforeachが出てきたときに思い出して、C++でやってみたら思いのほか簡単に使えたのでびっくり

こっちのほうが短いし楽なので、今度からはこっちを使っていこうかなと思った

6月1日

今日から6月。2年生になって2ヶ月が経った。本当に早いと思う

気がつけば夏休みに入ってそうだなぁ……

 

2年前期、学内コンペ

今週の月曜日に学内コンペがあった

もともとは「日本ゲーム大賞アマチュア部門(以下CESA)」に出すための作品に対して、第3者の視点から評価や意見をもらうために行われた。故に作品のテーマは「はさむ」だった

自分は3月にテーマが発表された時点でCESAに向けてゲームを作り始めた。制作期間は約2ヶ月

大体完成しただろうと思ったところで、学内コンペ用にその作品を提出した

そして今日、その学内コンペの結果が発表された

今回の学内コンペは、「個人部門」と「チーム部門」の2つに分かれた。自分は1人で作ったから個人部門に該当する

正直、学内コンペに関しては1年生の時の悔しい経験があるから、今回も「どうせ自分には関係ないだろうな」と思っていた

けど、まさかの個人部門で1番いい大賞に選ばれた!

f:id:clover_0907:20170601225958j:plain

今まで「ゲーム作品」でこういった賞をいただいたことがなかったから、本当にうれしかった

ゲームの素材を提供していただいたサイト様、Unityのアセットストアで素材を提供していただいた作者の皆様、ゲームのぼんやりしたアイデアを考えてくれた彼氏さん、ゲームをプレイしていただいたみんな、先生方に感謝。本当にありがとうございます

とはいえ、これで終わりじゃなくて、評価とともに改善案ももらったので、これからそれをもとに更に作っていこうかなと思う

5月26日

先週、新しいめがねを買った。今までのめがねだとカジュアルライクなファッションには似合わないのでカジュアルライクでも似合うめがねを買った。けど、思えば自分はあまりカジュアルな服は着ないんだった……(笑)

 

カラオケ採点で気をつけてること

自分の今年の目標のひとつに「DAM精密採点DXでボーナスなしで96点を3時間以内で出す」がある。今までの最高得点が95点だったので、ついに1つ上を目指すことにした

毎年カラオケに関する目標はその年の3月くらいまでに達成してきたけど、今年に限っては5月に入っても達成できないままだった。しかも最近は調子が悪くて、定番曲でも93~94点で、95点すらなかなか出なかった

そんな中、先週ぼっちでカラオケへ行ったらついに目標を達成した!!

f:id:clover_0907:20170526225105j:plain

f:id:clover_0907:20170526225132j:plain

最近はずっと調子が悪くて(現に、前回の点数が91点……)十八番から外れてたPHANTOM MINDSで96点!

初めて95点を取ったときもこれだったなぁ……(笑)

ちなみに96点を取ったのは、入室してから1時間ちょっと。思ったより早くて自分でもびっくり(笑)

とりあえず今年の目標の1つ達成できてよかった

 

ここで自分がカラオケで採点するときに気をつけていることをまとめておく。DAM精密採点シリーズで高得点を取りたい人がいたら、参考にするといい……かも?

・音量はエコーとマイクは0にする。エコーがかかると音程がぼやける。ミュージックは大きすぎず小さすぎず。自分はいつもミュージックと声が同じくらいの音量になるようにする

・マイクはスイッチがあるやつは、歌ってるときだけスイッチオンにして、後はオフにする。雑音が入らないようにする

・音程:あまり歌いなれてない曲はガイドメロディ大にしてとにかく覚える。95点を狙うなら常に音程バーは金色以上に光らないと厳しい(例外除く)

・発声はおなかから出す。じゃないと苦しいし、すぐ疲れるし、のども痛くなる

・力んで歌うと音が外れるので、リラックスする。音程を覚えるくらい歌いこんでるなら、リラックス状態でも音程が合う

・地声で歌うとのどが痛くなるので、できるだけ裏声で歌う。裏声だと音程が低い曲だと難しいけど、練習すればできる

・安定性:ビブラートをかけまくればいい。ビブラート未満の震えは評価が悪くなるのでしっかりビブラートをかけること

・抑揚:音程が高いところは大きく、低いところは小さく。マイクを近づけたり離したりして調整。極端に抑揚をつけたほうがいい。抑揚をつけるときはいきなり大きくつけるのではなくて、徐々に大きくしたり小さくするといい

・しゃくり、こぶし、フォール:気にしない

ロングトーン:同じ音程でまっすぐのばす。音程バーが長いところでまっすぐのばすといい。長めの音程バーがない曲だとここは厳しい

・ビブラート:ビブラートができない人が多いみたいだけど、練習法としては音程を上下に揺らす練習をするといいと思う。最初は「あ~~ぁ~~あ~~ぁ~~」って感じで、慣れてきたら徐々に間隔を狭めて、最終的には「あぁあぁあぁあぁ~」てなればビブラートになってる。とはいえ、安定性のところでも書いたけど、細かすぎる震えだとビブラートだと判定されなくて安定性が下がるので注意

 

基本的に95点を狙いたいなら、音程正確率は88~90%じゃないと厳しいけど、その他のところで評価がよかったら音程85%でも95点は取れる。逆に、音程88%なのに他の評価が悪いと90点もあり得る(両方とも過去の経験談)

 

今年の目標も達成できたし、しばらくはPHANTOM MINDS以外でも96点が取れるように頑張ろうかなぁ

5月20日

先日、スマホを家に置いたまま学校へ来てしまった。たまにスマホを家に置いたまま外出してしまうことがあるけど、スマホはなくてもそこまで不便じゃなかった(笑)

 

距離感

自分はスーパーでレジのアルバイトをしている。接客するお客様の7割の人(今までの経験上)に対して自分はイライラする

その原因は、相手が敬語で話さないからである

自分「いらっしゃいませ。ポイントカードはお持ちでしょうか?」

お客さん「持ってないよ」

こういう対応されたら個人的にはイライラする

持ってないと答えてくれるのはまだいい。こっちがたずねても返事すらしない人がいる。無視するってどういうこと?てさらにイライラする

イライラするのは、人と接するのに上から目線な言動であること、敬語以外で話されるとなれなれしい印象を与えるからだ

自分は親しい人以外と接するときは基本敬語を使う。同級生やバイトの後輩などは例外

そこまで親しくない人に対して敬語で話すのは自分の中では普通だと思っていて、だからなのか、お客さんが敬語以外で話されると急に距離感を縮められた感じがして、それがすごくなれなれしく感じて、人に接する態度じゃないだろって思ってしまう

でも自分の思っている以上に敬語以外で店員さんに話す人はとても多くて、親もそうだし、彼氏さんもそう。だからびっくりしている

 

先日、バイトの1人とそのことについて話す機会があった

そのバイトの子はお客さんが敬語であろうがそうじゃないだろうが、あまり気にならないのだという

その理由を聞いてみたら「人間関係で堅苦しく感じるのが嫌だから」とのことだった

それを聞いて、そういう捉え方もあるんだなって思った

自分は人と話すときは敬語が当たり前だと思ってるけど、それは人に対して一定の距離を置く話し方である。人と接するのに親しくフランクに接したい人にとっては、自分のような態度は「堅苦しい」と思う人もいるのかもしれない

 

思えば、1年生の時の担任だった先生に「他人からどんな風に見られてるか気にしたほうがいい」と言われたことがある

面接の時にどんな印象で見られるかは大事になるからだという理由だった(気がする)

ちなみにその時に先生には今の自分がどんな印象に見えるのかを聞いてみたら、「壁を作るイメージ」と言われた。それは自覚してた

さっきから言ってるように、自分は人に対して敬語で話すことが多いし、敬語は人に対して一定の距離感を置く話し方である。親しくもないのに敬語以外で話されるとなれなれしく感じるので、それが壁を作る要因の1つなのかなと思う

だから、最近は壁を作らないようなイメージになろうと努力している

誰とでも仲良くなろうというつもりはないけど、接したことのある人とは距離感を置かないようにしようと思う

5月12日

最近暑いから、5月からコーヒーをアイスにした。去年は濃いめのアイスコーヒーが出来やすかったけど、今年は逆に薄い……

 

「おしゃれ」の変化

学生になってから使えるお金が少なくなったから、今持ってる服でいかに着回しできるか、もし服を買うならいかに安くておしゃれに見えるかを重視するようになった

プチプラおしゃれ図鑑 イラストでわかるコーデ術

プチプラおしゃれ図鑑 イラストでわかるコーデ術

 

というわけで最初はこの2冊を買った。上の本はプチプラコーデが載ってて、下の本はおしゃれに見える服の着方が載ってる

この2冊を読んで、「おしゃれに見えて着回しができる服は、デザインがシンプルな服だ」ということに気づいた

デザインがシンプルな服はそのまま着ると味気ないけど、着方を変えれば一気におしゃれに見える

例えば

・ズボンは足首が見えるようにまくれば足が細く見える

・トップスは前だけボトムに入れたら、メリハリがつく

・シンプルな服なら、アクセサリーをつけて差別化する

最近自分もよくそんな風に着る 

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

Men'sファッションバイヤーが教える 「おしゃれの法則」

 
メンズファッションの解剖図鑑

メンズファッションの解剖図鑑

 

最近は上の2冊を買った。前に紹介した「服を着るならこんなふうに」でコーデの監修をしてるMBさんが書いた本で、コミックでも紹介してるおしゃれに見えるファッションロジックが書かれている。自分はMBさんのコーデがおしゃれに見えるから、最近はよく参考にしてる。メンズファッションの本だけどレディースにも応用できる

自分も最近はドレスとカジュアルのバランスを気にすることが多くなった。その中でも女性らしさとトレンドを少し意識したコーデをしている(つもり)

 

以前は服を買うときは、「どこかワンポイント個性的なデザインな服」がおしゃれだと思ってた。その時におしゃれだと思っててよく買ってたブランドはCECIL McBEEINGNI、axes femmeだった

先日、久々に近鉄パッセに寄ってふらふらしたときに、以前だったら好みそうな服が今の自分には「派手だなぁ」と思った。その瞬間に「年を取ったかな」と思った(笑)あ、でもINGNIは今でも可愛いかなと思う

最近は「着回しできておしゃれな服=シンプルな服」というわけで、GUやユニクロで買い物することが多くなった。以前だったら「ユニクロはデザインがシンプルすぎて面白くない」と思ってたけど、最近は「お、これはデザインがシンプルで着回しやすそうだし、素材も薄くて涼しそうでいいなぁ」と思うようになった

前はデザインばかり重視してたけど、最近は素材も気にするようになった。同じデザインでも素材が違うだけで印象がだいぶ変わるから

 

先日衣替えのときに夏の服を出したけど、去年まで普通に着てた服が今の自分には派手だと思うものがとても多いことに気づいた

その時に「自分変わったなぁ」と思ったのだった